膀胱癌の治療法

 膀胱癌の治療法は患者様の属するステージによって選択されることがほとんどです。

ステージごとに効果的な治療法というものが異なるからですね。

また、膀胱と言う場所であるために、様々な治療器具を使うことが特徴です。

まずは、ステージごとの膀胱癌の治療法を理解しましょう。


‐緘蘰皀ン

 膀胱粘膜内にガンが存在する場合は、隆起性病変(ポリープのようなもの)が出来ないようにするために内視鏡的にガンを切除するのは物理的に不可能になります。

膀胱の粘膜の上に悪性腫瘍がのっかっているのではなく、完全に内部に悪性腫瘍が出来ているからです。


 そのために、かつては膀胱そのものを切除するより仕方がなかったのですが、現在はBCGと言われる液体を膀胱内に注入するようになりました。

このBCGという液体ですが、成分は結核菌で構成されており、抗結核ワクチンのことです。

膀胱癌以外では赤ちゃんの予防接種の際にもBCGは使用されています。

膀胱癌の治療の場合は、このBCGを弱毒化して病原性を少なくします。

ガン治療によって新たな病気になっては本末転倒になってしまうからです。

このBCGを膀胱内に注入してガン細胞を抑制、攻撃するというのがBCG治療法になります。

BCGの効果のほどですが、80〜90%の確立でガン細胞が消滅すると言われています。

実際の治療では尿道にカテーテルという細くて柔らかい管を通して、膀胱内にまで進んでいき、BCGに注入します。

副作用ですが、BCGそのものに副作用はなく安全性が高い薬物です。

しかし、カテーテルにより膀胱を刺激してしまうため、一時的に頻尿になってしまったり、あるいは血尿になってしまったりすることがあるのは強調しなければなりません。

そうは言っても、同じく薬物を用いる治療法でも抗癌剤のような強い副作用は存在しませんので、その点がBCG治療の大きなメリットと言えるでしょう。


表在性膀胱癌

 表在性膀胱癌は,箸楼磴ぁ悪性腫瘍が粘膜の上にのっかっているタイプです。

表在性膀胱癌の場合は、内視鏡を使った手術を行います。

先端が電気メスになっている特殊な器具を尿道から挿入して直接的に悪性腫瘍を切除するのです。

実際の手術では、半身麻酔を行って手術を行い、術後は安静になりますが、翌日から食事も歩行も可能です。だいたい1週間で退院できるでしょう。

しかし、この治療法では再発率が高いというデメリットがあります。

再発率は50~80%と言われており、10〜20%は浸潤ガンへと移行してしまうのです。

(浸潤(しんじゅん)とはガンが水が潤うようにガン細胞が広がっていくことで転移に似た意味です)

このため、手術後に膀胱内に抗癌剤やBCG薬物を注入し、再発予防を行うことになるでしょう。

どの程度、術後の再発予防治療を行うかは検査に左右さることになりまので、術後は3ヵ月後との定期健診が必要です。

浸潤性膀胱癌

 浸潤性膀胱癌の場合は、周囲にもガン細胞が及んでいるので、膀胱や関係器官の切除が前提になってきます。

切除する箇所ですが、男性と女性でおおむね決まっているようです。

男性の場合は、膀胱と前立腺、浸潤が認められれば尿道も。

女性の場合は、膀胱と尿道、子宮、膣の一部を切除。

抜本的にガン細胞を取り除くことが出来るのですが、浸潤性膀胱癌のケースでは再発や転移が問題になるのです。

このため再発予防を医師と決定すること、再発発見のための定期健診が重要になってきます。


 これら3つが代表的な膀胱癌の治療法になります。

医師との十分な相談の上に、適切な治療法を選択しましょう。

 

■スポンサードリンク