膀胱癌の検査

  膀胱癌の検査はどのように行われるのでしょうか?

膀胱癌の疑いがある方は、まずは泌尿器科を受診しましょう。

泌尿器科でいくつかの検査をすることになります。

(1)尿細胞診断

→尿検査によって膀胱癌かどうかを検査します。健康診断の尿検査と変わりません。

身体的な負担などはありませんが、悪性度の高い膀胱癌は尿中に含まれないことがあり必ずしも発見されるとは限りません。

(2)膀胱内視鏡検査

→膀胱内をカメラで観察する検査です。

  尿道からカメラを通すことになりますから不安がられる患者様が多いですが、現在では軟性の膀胱鏡がありますので、深刻な痛みはありません。 

また、高度なカメラで米粒一つ見逃さないので、もっとも確実な検査方法です。

(3)生検 

→内視鏡検査によって膀胱癌が発見された場合、小さいはさみによって膀胱内の悪性腫瘍を採取し、顕微鏡で採取した悪性腫瘍を観察します。

この検査方法では、悪性腫瘍の組織型やその悪性度を把握することが出来ます。

(4)CT検査

→CTを用いた画像検査です。体の断面を映像化することによって膀胱癌の進行具合を把握することが出来ます。CT検査によって膀胱癌の転移があるかなども把握出来ます。

これらが一般的な膀胱癌の検査方法です

  病院や病状によって検査方法には違いがありますが、いずれにせよ膀胱癌では内視鏡を用いたりCT検査などで映像的に検査しますので、他の癌とそれほどの違いはないでしょう。

深刻な痛みを伴う検査方法はないのでその点においては安心して膀胱癌の検査を受けられるでしょう。

 

■スポンサードリンク